レイ・フロンティア

TOP > NEWS

NEWS

レイ・フロンティア、ABCドリームベンチャーズへ第三者割当増資の実施

2021.11.11

 

ライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供するレイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士、以下、レイ・フロンティア)は、朝日放送グループホールディングス株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:沖中 進、以下朝日放送グループホールディングス)のコーポレートベンチャーキャピタル「ABCドリームベンチャーズ株式会社」(代表取締役社長:石崎豪朗)が運用するベンチャー投資ファンド「ABCドリームファンド2号投資事業有限責任組合」に対して、第三者割当増資の実施をいたしました。

 

■出資の背景
レイ・フロンティアは、「現実と仮想をつなぐ世界一のサービスを創る」をミッションに、AIを活用した行動情報の分析・調査を行うソリューション「SilentLog SDK」や「SilentLog Analytics」、および「SilentLog BigData」を提供しています。

 

「SilentLog SDK」について
既存モバイルアプリケーションに組み込むことで、低消費バッテリーかつ高密度な位置情報の取得が可能になる位置情報収集エンジンで、スマートフォンが搭載している各種センサーデータを活用した独自技術により、バッテリーの消費を1日平均3%にまで抑えながら、数秒単位での位置情報の取得が可能です。現在は企業・行政向けのヘルスケア、観光向け、調査向けサービス等へ導入されています。

 

「SilentLog Analytics」について
SilentLog SDKを使ったモバイルアプリケーションおよびその他デバイスから収集した行動情報を、リアルタイムかつ匿名で分析する、人々の行動を誘発するためのAIを活用した行動分析プラットフォームです。リアルタイムでのデータ可視化、機械学習処理が行われた分析データの出力が可能となっております。データ分析だけでなく、セキュリティが高い環境で、運用コストをおさせた状態での大規模な位置情報データの処理も得意としており、現在は金融機関、ヘルスケアサービスをはじめとしたサービスへ導入が進んでいます。

 

「SilentLog BigData」について
自社で収集した匿名化を施した人流データにより、リアルタイム性が高いデータ分析を実現化させることで、社会変化が早い中での、都市の動態調査のDX化(迅速化、コスト削減)に寄与しています。

 

■今後の展開
レイ・フロンティアは今回の出資に伴い、継続した自社ービスの品質向上に加えて、お客様の満足度を向上するために必要なメンバーの採用を強化します。

 

採用強化を行う職種について
・プロジェクトマネージャー
・企画・技術営業
・データ分析技術者
・財務担当者
募集職種については、以下URLをあわせてご参照ください。
https://www.rei-frontier.jp/recruit/

 

弊社では都市や地方が抱える交通サービスの課題を解決するMaaSビジネスなども積極的に行っています。今後は、スマートシティ時代に向けて、ローカルエリアにおける位置情報ソリューションの提供や、パーソナライズされた情報提供などを通じて、共に社会問題解決に寄与することを目指していきます。

 

■レイ・フロンティア式会社
・本社:東京都台東区台東2丁目26番8号
・代表取締役:田村 建士
・設立:2008年5月
・事業内容:
1) 移動情報サービスの開発支援(システムデザイン・開発・運用、データ収集・管理・分析)
2) 自社保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
3) 健康ポイント機能が搭載されたOEMアプリの提供
4) 情報銀行等のデータプラットフォーム事業者向け、データ管理基盤の提供
5) 自社アプリ(SilentLog)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供
6) その他(アプリ企画・デザイン、開発業務)

 

■ABCドリームベンチャーズ株式会社
・本社:大阪府大阪市福島区福島1-1-30
・代表取締役:石崎豪朗
・設立:2015年7月
・URL:http://adventures.co.jp/

ARCHIVE

お問い合わせはこちら