レイ・フロンティア

TOP > NEWS

NEWS

資本業務提携先のイードとともに 新型コロナウイルス対策へ位置情報活用 /「震災時通行実績情報マップ」の今井武氏を迎えて社会利用を推進

2020.04.23

ライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は、、「iid 5G Mobility」でモビリティ⾰命への貢献を⽬指す株式会社イード(本社︓東京都新宿区、代表取締役︓宮川洋、以下 イード)とともに、自動車技術会フェロー/筑波大学非常勤講師の今井武氏をアドバイザーに迎えて新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための技術活用やデータ提供を行ってまいります。

 

■概要
今井氏は、本田技研工業株式会社にてカーナビの開発からテレマティクスサービスへの進化の指揮をとり、2011年東関東大震災時にテレマティクスカーナビ(インターナビ・プレミアムクラブ)とパイオニア・スマートループから集められた位置情報データを用いて「通行実績情報マップ」を公開しました。その後、この動きはトヨタ自動車、日産自動車も加わりITS Japanとしての集約データ活用に発展し、後の熊本地震や岡山や千葉の豪雨でも社会インフラとして活躍した経緯があります。

 

レイ・フロンティアは、4月1日に新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が、「プライバシーの保護や個人情報保護法制などの観点を踏まえつつ、感染拡大が予測される地域でのクラスター(集団感染)発生を早期に探知する用途等に限定したパーソナルデータの活用も一つの選択肢となりうる。」と提言したことに反応し、同社が提供する個人のライフログやGPSの位置情報を記録するライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」のすべての機能の無償開放をすでに始めています。

 

また、集まった匿名データを分析し、「上野公園のお花見自粛実態調査」「東京駅利用者のピークタイム変化の調査」「北海道および沖縄地区の人口動態比較」「都道府県間の移動者数調査」「愛知県、福岡県の繁華街エリアの動態分析」「外出自粛による観光と医療機関への影響」「外出自粛後の歩数量調査」を相次いで公開(※1)し、社会における移動量抑制が機能しているかどうかの検証を進めています。

 

(※1)「Rei Frontier Tech Blog」にて公開しております。
https://tech-blog.rei-frontier.jp

 

今井氏は、「レイ・フロンティア社の位置情報技術が、リスクを感じながらも移動せざるを得ない、医療従事者、福祉従事者、行政に携わる人や、生活必需品のサービスに携わるすべての方々の役に立てるよう応援したい。」と今回の取り組みへの姿勢をコメントしています。

 

今後レイ・フロンティアとイードは、今井氏の経験からのアドバイスや個人情報取り扱いの客観的な指摘を受けながら、「SilentLog」アプリや「SilentLog Analytics」の技術を使った社会貢献、地域貢献に向けた取り組みを強化してまいります。

 

■「SilentLog」概要

公式ページ:https://silentlog.com

AppStore:https://apps.apple.com/app/id901679160

 

サイレントログは、2014年10月よりサービスを開始したiPhone向けライフログアプリです。現在(2020/04/23現在)、App Store上でのレビュー数が7900件以上、評価が4.0以上となっています。ユーザーは行動ログ(滞在、徒歩、各種移動体) が自動で記録されることで、日記代わりに利用することができます。

 

■「SilentLog Analytics」概要

 

 

自社アプリ「SilentLog(サイレントログ)」」から蓄積した、1日2000万件の膨大な緯度経度データを活用して行動予測モデルを構築し、その技術をBtoB向けの位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」として、日本国内にとどまらず、欧州や東南アジアなど国内外の企業に対してサービスを展開しています。 サービスは、自動車や鉄道などの交通分野(商品ブランド:モビリティ・フロンティア)、人流データ等のマーケティング・リサーチ、人の動態分析を必要とするヘルスケアなど多様な分野に応用されています。

 

■モビリティ・フロンティアについて

レイ・フロンティアはMaaSなど革新する交通分野において、「モビリティ・フロンティア」ソリューションを打ち出しています。鉄道や自動車、バス、タクシー、バイク、自転車などの車両や乗客の相互の位置情報を、「SilentLog Analytics」を用いて解析し、「モビリティ・フロンティア」としてモビリティ関連サービスに貢献いたします。「モビリティ・フロンティア」は三井物産株式会社、株式会社イードを交えて推進しています。

 

■企業概要

・会社名:レイ・フロンティア式会社
・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
・代表取締役:田村 建士
・事業内容:
人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営
1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供
3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供
4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供
5)行動データを活用した新規サービス、事業開発

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
レイ・フロンティア株式会社 広報担当
E-mail:info@rei-frontier.jp
Web:https://www.rei-frontier.jp

ARCHIVE

お問い合わせはこちら