レイ・フロンティア

TOP > NEWS

NEWS

【COVID-19関連データ】2020年3月度、北海道は人流が減少。沖縄県は自粛の影響が見られず

2020.04.10

iPhone向けライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は、2020年3月度の北海道と沖縄県の人口動態情報を公開したことをご報告します。

 

■エリア
北海道、沖縄県

 

■日付
2020年1月1日(水)~2020年3月31日(火)

 

■調査元
弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

 

■グラフ
2020年1月1日の標本数をベースライン100として相対値をプロットした

 

【北海道全体図】

 

変化量がわかりにくいので拡大。

 

【北海道拡大図】

北海道では2月27日より開始された全公立小中学校臨時休校の時期を境に人口動態が減少しています。

 

 

【沖縄県全体図】

【沖縄県拡大図】

 

一方沖縄県では北海道のような減少傾向は見られず、3月20日(金)春分の日からの3連休には今年最大値を記録していることから、観光客が流入したと考えられます。

 

連休では自粛疲れや気の緩みから外出が増加したという指摘もありましたが、沖縄県のデータがそれを示しているのでは無いでしょうか。

 

弊社では引き続き今後の動きを速報値として公開していきたいと思います。

 

「Rei Frontier Tech Blog」では定期的に独自の人流分析データを公開しております。
https://tech-blog.rei-frontier.jp/

ARCHIVE