レイ・フロンティア

TOP > NEWS

NEWS

JR東日本 モビリティ変革コンソーシアム 「移動×商業の相互活性化に関する実証実験」を実施

2019.08.26

人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」を提供するレイ・フロンティア株式会社 (代表取締役CEO 田村 建士、以下「レイ・フロンティア」)は、東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤 祐二、以下「JR東日本」)主催のモビリティ変革コンソーシアムにおいて、「移動×商業の相互活性化に関する実証実験: 動(ウゴ)ログPROJECT」(以下、「本実証実験」)を実施します。

 

 

■募集詳細
モニター募集期間:2019年8月26日(月) ~ 9月8日(日)
実証実験期間:2019年9月9日(月) ~ 12月5日(日) 12月15日(日)(※1)
対象者 : JR中央線・JR南武線・JR青梅線を普段利用されている方、かつApple社iPhoneをお使いの方
募集人数 : 3,000名

 

参加方法 :
App Storeよりレイ・フロンティアが提供するスマートフォンアプリ「SilentLog」をダウンロードの上、募集期間内に同アプリ上で参加表明をお願いします
アプリダウンロードページ:
https://itunes.apple.com/app/id901679160?mt=8

 

謝礼:
実証実験終了後、アンケートに回答頂いたモニターの方に、Amazonギフト券 (1,000円分) を進呈します

 

募集詳細:https://ugolog.silentlog.com/

 

■本実証実験の狙い
ユーザーの“行動パターン”に基づき最適化したお知らせ・クーポン等のインセンティブを提供することで、新たな移動・消費行動を生み出し、移動及び商業活動を相互に活性化すること、及びその方法論を検証・確立することを目的として、本実証実験を実施します。
レイ・フロンティアは、本実証実験に於いて、位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」を活用したユーザーの行動パターン分析・クラスタリング等を担うと共に、本実証実験モニターの行動パターンを収集し、インセンティブを配信するチャネルとしてスマートフォンアプリ「SilentLog」を提供します。
尚、本実証実験には、レイ・フロンティア、JR東日本に加えて、三井物産株式会社(代表取締役社長 安永竜夫)、オムロンソーシアルソリューションズ株式会社(代表取締役社長 細井 俊夫)、株式会社ゼンリン(代表取締役社長 髙山 善司)、株式会社ゼンリンデータコム(代表取締役社長 清水 辰彦)、パシフィックコンサルタンツ株式会社(代表取締役社長 重永 智之)が参画しています。

 

■SilentLog Analytics について
『SilentLog Analytics』は、対象となるスマートフォンアプリと連携することにより、独自の省電力技術を活用し行動情報を受信し、リアルタイムでのデータ可視化、機械学習処理が行われた位置情報分析データの出力が可能となる法人向けソリューションです。車の挙動を分析、車両の管理、イベントや施設(店舗)の顧客導線分析、顧客のペルソナ分析、個々の状態に適した情報の配信、緊急時の行動調査などに活用が出来ます。

 

■企業概要
◆レイ・フロンティア株式会社
・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
・経営役員
代表取締役:田村 建士
取締役:大柿 徹、澤田 典宏、家田 雄一郎
・事業内容:
人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営
1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供
3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供
4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供

 

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
レイ・フロンティア株式会社 広報担当
https://www.rei-frontier.jp/contact/

 

追記:2019年8月26日(月)19:30
(※1)上記、実証実験期間に誤記がありましたので修正しました。

追記:2019年9月2日(月)16:00
同リリースのPDFを公開しました。[PDF

 

 

ARCHIVE