レイ・フロンティア

TOP > NEWS

NEWS

iPhone 6 / 6 Plusに対応した完全自動ライフログアプリSilentLogを配信開始

2014.10.10

レイ・フロンティア株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役:田村建士/大柿徹)は、自社が開発・運営する iPhone 用アプリ SilentLog(サイレントログ)を新たにリリースしたことをお知らせします。

SilentLog とは

SilentLog は iPhone を持って歩くだけで、アプリを立ち上げておかなくても、ユーザーの移動手段、経路、歩数を自動で記録し、撮影した写真と共に、その日の行動として時間軸に沿ってまとめるライフログアプリです。

従来のアプリのように、なんらかの行動を要求するわずらわしいノーティフィケーションや入力事項は一切ありません。ユーザーが好きなときにアプリを立ち上げれば、美しく整理された過去の行動を見ることができます。

どんなことができるのか

今日はどんな日だったのか、昨日はなにがあったのか、ユーザー自身の行動をまるで過去の日記を読み返すように楽しむことができます。行動はアプリが自動的に記録しているので、ユーザーはいつもどおりの生活を楽しみながら、好きなときに“日記”を読み返せます。

SilentLog はデータよりも写真を重視し、直感的にその日の出来事を思い出すことができます。

最新のiPhoneに対応

iPhone 6、iPhone 6 Plus、iOS 8 にも対応しています。最新の M8 プロセッサを活用して、滞在場所を正確に記録することができます。iOS 8 に新たに追加されたウィジェット機能を使えば、その日の歩数をすぐに確認できます。

スクリーンショットやロゴは公式ウェブサイトのプレスキットよりダウンロードできます。

「SilentLog」利用規約について

http://silentlog.com/terms-ja/
現在の利用規約は、将来のサービス改善や利用者の長期記録保存を想定し、オンラインサービスとの連携を踏まえた内容となっております。しかしながら、2014年10月10日現在のアプリ(Ver1.1.2)では、利用者の位置情報を端末外部に送信することは行っておりません。今後、これらの機能を実装、実行する際にはアプリWebページなどで改めて告知致します。

当社について

レイ・フロンティア株式会社では、AR(拡張現実)技術を基盤に、GPS から利用者の位置情報を活用し、プロダクトの改善に役立ててきました。この先はその考えをさらに進め、アプリを通じて様々な業界での問題解決に役立てていこうと考えています。今回ご紹介するアプリ SilentLog は、その第一弾となります。今後も人間に役立つライフログアプリの開発を継続していきます。

レイ・フロンティア株式会社

代表者
代表取締役 田村 建士/大柿 徹
所在地
東京都台東区台東2-7-4 桜田ビル501
事業内容
ライフログアプリ「SilentLog 」開発/運用(http://silentlog.com/
ARアプリ「LIVE SCOPAR」開発/運用(http://livescopar.com/
ウェブメディア「未来スコップ」運営(http://miraischop.com/
UI/UX設計(Sensebahn センスバーン:http://sensebahn.com/
拡張現実技術、位置情報を活用したスマートフォン向けアプリケーション開発

本件に関するお問い合わせ先

レイ・フロンティア株式会社 広報担当
E-mail:info@rei-frontier.jp

ARCHIVE

お問い合わせはこちら