レイ・フロンティア

TOP > TERMS OF SERVICE

TERMS OF SERVICE

「SilentLog SDK」
「SilentLog Analytics DEMO サイト」
利用規約

「SilentLog SDK」、「SilentLog Analytics DEMO」利用規約(以下「本規約」といいます。)は、レイ・フロンティア株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する「SilentLog SDK」(以下「本SDK」といいます。)及び「SilentLog Analytics DEMO サイト」(以下「本サイト」といい、本SDKと合わせて「本サービス」といいます。)の利用に関して、申込者に同意していただく必要のある事柄を記載しています。申込者が本サービスをご利用になる際には、本規約が適用されます。本規約に同意しない場合、本サービスをご利用頂けませんので、ご利用の前に必ずお読みください。

第1条 (総則・適用範囲)
  1. 本規約は、当社が提供・運営する本サービスの利用に関する基本的な事項を規定します。
  2. 本規約は、本サービスの利用に関し、当社及び申込者に対して適用されます。
  3. 当社が、当社ウェブサイト上に本サービスに関する個別規定や追加規定を掲載する場合、又は電子メール等により本サービスに関するルール等を発信する場合、それらは本規約の一部を構成するものとし、個別規定、追加規定又はルール等が本規約と抵触する場合には、別段の定めのない限り、当該個別規定、追加規定又はルール等が優先されるものとします。
  4. 当社ウェブサイト、本サービスの提供に際してリンクされた他のウェブサイト、アプリケーションその他のサービス(以下、本アプリ又は本サービスの提供に際してリンクされた他のウェブサイト、アプリケーションその他のサービスを総称して「外部サービス等」といいます。)については、当社ウェブサイト、外部サービス等に定められる利用規約等に従ってご利用ください。
第2条 (定義)
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「本SDK」

当社が申込者に対して提供する、ソフトウェアの開発用プログラムを含むソフトウェア開発キットをいいます。

(2) 「本サイト」

当社が申込者に対して提供する、位置情報分析プラットフォームである SilentLog Analytics のデモ用サイトをいいます。

(3) 「サービス利用契約」

申込者が本サービスを利用するに際し、申込者と当社との間に発生する本サービスの利用に関する契約関係をいい、本規約及び本サービスに関して当社が配布、配信又は掲示する文書(以下、本サービスに関して当社が配布、配信又は掲示する文書を「個別利用規約」といいます)等を含みます。

(4) 「申込者」

本規約を承認の上、当社とサービス利用契約を締結した個人をいいます。

(5) 「端末情報等」

本 SDKを利用して申込者の開発するアプリケーションソフトウェア(以下「開発ソフト」といいます。)の利用者から当社が取得する申込者又は開発ソフト利用者から申込者を通じて当社が取得する携帯端末情報、位置情報及びセンサー情報をいいます。

(6) 「コンテンツ」

申込者が本サービスを通じてアクセスすることができる情報(文章、画像、動画、音声、音楽その他のサウンド、イメージ、ソフトウェア、プログラム、コードその他のデータを含みますが、これらに限られません。)その他一切の情報をいいます。

(7) 「申込者コンテンツ」

申込者又は開発ソフトの利用者が本サービスを利用する際に用いる又は当社若しくは申込者に手動、自動を問わずに送信その他提供をするコンテンツをいいます。

(8) 「パスワード」

アカウントと組み合わせて、申込者とその他の者とを識別するために用いられる符号をいいます。

(9) 「当社ウェブサイト」

当社が運営する本アプリ及び本サービスに関するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメインを含みます。)及び内容にかかわらず当社が運営する他のウェブサイトをいいます。

(10)「知的財産権」

著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)をいいます。

第3条 (利用申込)
  1. 申込者は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社が求める申込者の情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用を申し込むことができます。
  2. 当社は、当社の基準に従って、申込希望者の申込の当否を判断し、当社が妥当と認める場合にはその旨を申込希望者に通知し、この通知により申込希望者の本サービスの申込が完了するものとします。
  3. 前項に定める申込の完了時に、本規約の諸規定に従ったサービス利用契約が申込者と当社の間に成立し、申込者は本サービスの全部又は一部を当社の定める方法で利用することができるようになります。
  4. 当社は、第1項に基づき申込を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、申込を拒否することがあります。
    1. 当社に提供された申込情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    2. 申込内容の確認その他の当社からの連絡に対し、応答がない場合又は不明確な応答しかない場合、これらに準じる場合
    3. 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    4. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
    5. その他、当社が申込を適当でないと判断した場合
第4条 (本サービスの利用)
  1. 申込者は、申込者が本サービスをダウンロードしてから満1か月間の本サービスの無償提供期間内に限り、本規約の目的の範囲内でかつ本規約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。ただし、当社は、申込者に通知をすることにより、無償提供期間を変更することができるものとします。
  2. 当社は、申込者に対し、本サービスにて提供する全てのコンテンツの利用を、申込者自身の新たな技術開発の検討(技術検証を含みます。)の目的及び範囲においてのみ許諾します。
  3. 本サイトで表示されるコンテンツは、本サイトのために用意されたデモ用のコンテンツであり、本SDKを利用して開発したアプリケーションソフトウェアを通じて収集したデータ、その他事実を反映したものではありません。
  4. 本サービスの提供を受け、その利用を図るために必要なコンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、いずれも申込者の費用と責任において行うものとします。
  5. 本サービスは、申込者が私的にのみ利用することができ、販売又は配布等の私的使用以外の目的で使用してはならないものとします。なお、本項にいう「私的」な利用には、第2項の目的及び範囲内における、申込者たる法人、組合その他の団体における利用を含みます。
  6. 本SDKは第2項の範囲内で、第1項の期間内限定で申込者に利用を許諾するものです。これらを超えて利用(本SDKを利用して開発したアプリケーションソフトウェアの第三者への販売又は配布等を含みますが、これらに限りません。)をする場合、当社との別途の契約を必要とします。
  7. 本サービスの全部又は一部について、年齢、本人確認の有無、申込者に関し当社に提供された情報の有無、その他、当社が必要と判断する条件を満たした申込者に限り利用できる場合があるものとし、申込者はこれに同意するものとします。
第5条 (パスワードの管理)
  1. 申込者は、自己の責任においてパスワードを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、当該パスワードの一致を確認した場合、当該パスワードを保有するものとして登録された申込者が本サービスを利用したものとみなします。
  2. パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は申込者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
  3. 申込者は、パスワードが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。
第6条 (本サービス及び本サービス利用に伴う情報の知的財産権)
  1. 本サービス若しくは開発ソフトにおいて当社が提供するコンテンツ又は本サービスの提供又は開発ソフトの利用に際し、これに付随するサービスとして、当社及び申込者以外の第三者によって提供されるコンテンツ等の情報等に関する一切の知的財産権は、当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属し、本規約に基づく本サービスのいかなる使用許諾も、当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  2. 申込者は、当社の許諾を得ることなく、当社が提供する情報等の翻案、編集及び改変等を行い、これを第三者に使用させ又は公開することはできず、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしてはなりません。
  3. 本サービス上、商標、ロゴ及びサービスマーク等(以下総称して「商標等」といいます。)が表示される場合がありますが、当社は、申込者その他の第三者に対し何ら商標等を譲渡し、又はその使用を許諾するものではありません。
  4. 申込者は、申込者が本サービスを利用する際に用いる申込者コンテンツ等について、自らがそのコンテンツを利用することについての適法な権利を有していること、及び当該申込者コンテンツが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。
  5. 申込者は、申込者コンテンツを当社に提供する場合、当該申込者コンテンツについて、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与します。かかる当社のライセンスは、当該申込者による本サービスの利用が停止又は終了した後も、有効に存続するものとします。ただし、第7条第2項所定の各情報の取扱については、第7条第2条の定めが優先し、また、当社は申込者コンテンツについて、稼働確認その他本サービスの提供、及び機械学習処理の向上を含む当社サービスの改善の目的に限り利用いたします。
  6. 申込者は、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。
  7. 申込者は、自己の責任において申込者コンテンツのバックアップを行い、当社は申込者コンテンツのバックアップを行う義務を負わないものとします。
  8. 当社は、申込者コンテンツに関し、法令若しくは本規約に違反し又は違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめ申込者に通知することなく、申込者コンテンツの削除その他の方法により、本サービスの利用を制限することができるものとします。
第7条 (申込者又は開発ソフトの利用者に関する情報の収集、解析及び取扱い)
  1. 当社による申込者又は開発ソフトの利用者の情報、端末情報等その他申込者又は開発ソフトの利用者に関する情報の取扱いについては、前条及び別途定めるサイレントログプライバシーポリシーによるものとします。ただし、本サービスに関する情報の取扱いについて、サイレントログプライバシーポリシーと本規約の内容が矛盾抵触するときは本規約が優先するものとし、また、サイレントログプライバシーポリシー第2条第1項柱書について、以下のとおり読み替えて適用します。

    サイレントログプライバシーポリシー

    第2条(本サービスで収集する利用者情報)

    1 当社が提供するサイレントログ、及び関連ソフトウェア(以下「本アプリ」といいます。)をインストールすることによりお客様が利用することができるサービス、当社が提供する「SilentLog SDK」並びに「SilentLog SDK」を利用して開発されたソフトウェア、及び本アプリと連動させて利用可能なWebサービス「ダッシュボード」、「SilentLog Analytics」(これらのデモ版も含み、以下総称して「本サービス」といいます。)において、当社は、お客様から、次の情報の全部又は一部を提供していただきます。
    (以下省略)

  2. 申込者は、本規約及びサイレントログプライバシーポリシーに従って当社が当該情報を取り扱うことについて同意するとともに、開発ソフトの利用者から当社が当該情報を本規約に従い取扱うことについて同意を得るものとします。
  3. 開発ソフトを通じて送信された開発ソフト利用者の情報に関する利用権は、当社に帰属、又は送信と同時に当社に移転することについて、申込者は同意するものとし、それに必要な前項その他の措置を講じるものとします。
  4. 当社は、申込者が当社に提供した申込者又は開発ソフトの利用者の情報、申込者又は開発ソフトの利用者の端末情報等及びその他の情報及びデータ等を、当社の裁量で、本サービスを始めとする当社サービスの提供及び運用、サービス内容の改良及び向上等の目的のために利用し、又は個人を特定できない形での統計的な情報として公開することができるものとし、申込者はこれに同意するものとします。
  5. 当社は、本サービスの利用状況を把握するため(リターゲティング広告配信の目的を含みます。)、Identification for Advertisers(以下「IDFA」といいます。)、Cookie又は以下の情報収集モジュールを利用して、本サービスの利用情報(端末情報等及びアプリ起動ログ、ブラウザ閲覧ログを含みますが、これらに限られません。)を収集します(なお、IDFA又はCookie及び解析ツール等数種を併用する場合、及び解析ツール等がIDFA又はCookieを使用する場合があります。)。IDFA及びこれら情報収集モジュールについては、各提供者の利用規約及びプライバシーポリシー等をご参照ください。当社は、IDFA、Cookie、及び情報収集モジュール利用により生じた損害について責任を負いかねます。

    情報収集モジュールの名称/提供者
    (1) GoogleAnalytics/Google,Inc.
    (2) Crittercism/Crittercism,Inc.
    (3) Flurry/FlurryInc.
    (4) PartyTrack/株式会社アドウェイズ
    (5) facebookSDK/Facebookinc.
    (6) Crashlytics /Crashlytics, Inc

  6. 当社は、申込者が提携サービスの利用を希望するときは、申込者から収集した申込者又は開発ソフトの利用者の情報、申込者又は開発ソフトの利用者の端末情報等、その他当該申込者又は開発ソフトの利用者に関する情報を、当該提携サービスの利用に必要な範囲において、提携パートナーに提供したうえで提携サービスの提供をします。
  7. 前項の他、当社は、第2項に定める目的及び提携パートナーによる提携サービスの提供を目的として、本サービスを通じて収集・解析した情報に関する統計資料を提携パートナーその他の第三者に提供することがあり、申込者はこれに同意するものとします。
第8条 (保証の否認及び免責)
  1. 当社は、本サービスが申込者の特定の目的に適合すること、期待する技術的・機能的・商品的価値・正確性・有用性を有すること、申込者による本サービスの利用が申込者に適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。
  2. 申込者は、本サービスに欠陥があること、又は第三者の権利・利益を侵害する可能性があることを発見した場合には、直ちに当社に報告します。
  3. 本サービスは、現状有姿で、また当社として可能な範囲において提供されます。当社は、なんらの明示、黙示又は法定の保証をしません。また、当社は、明示であるか黙示であるかに関わらず、いかなる責任(商品適格性を有すること、特定の目的に合致すること、権利があること、又は権利侵害をしていないことについての黙示の保証乃至条件を含みますがこれに限られません。)についても、これを負うことを明示的に否定します。申込者は自己の判断で、また自己の責任で本サービスを使用するものとし、本サービスの使用に起因して生じたいかなる損害(申込者のコンピューターシステム、ハードウェア、ソフトウェアに生じた損害、データの消失を含みますがこれに限られません。)についても、単独で責任を負うものとします。
  4. 当社は、申込者からの求めがあった場合でも、本サービスにて提供するコンテンツの技術的事項の詳細及びこれらに関連すると当社が判断する情報について、これを当該申込者に開示する義務は負わないものとします。
  5. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、申込者の申込の抹消、本サービスの利用による申込データ等の消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関して申込者が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
  6. 申込者と第三者との間で紛争が生じた場合には、申込者は自己の責任と費用でこれを解決するものとし、当社は、これに一切関与しません。
第9条 (禁止行為)
  1. 申込者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
    1. 法令に違反する行為、法令違反を助長する行為又はそれらのおそれのある行為
    2. 当社、本サービスの他の申込者又はその他第三者に対する詐欺又は脅迫行為
    3. 公序良俗に反する行為
    4. 当社、当社のライセンサー、その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
    5. 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
    6. 本サービスに接続しているシステム全般について、権限なく不正にアクセスする行為その他当社に損害を与える行為
    7. 当社、他の申込者又は第三者に成りすます行為
    8. 反社会的勢力等への利益供与行為及びこれにつながる可能性のある行為
    9. 本サービスの運営の妨げとなる行為又はそのおそれがあると当社が判断した行為
    10. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
    11. 本規約又は本規約の趣旨に反する行為
    12. その他、当社が不適切と判断する行為
  2. 申込者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
    1. 第三者の権利・利益を侵害し、又は第三者との契約違反を構成する行為、又はこれらに該当しうる開発ソフトを作成すること
    2. 申込者が開発又は提供等するサービス・システム等以外のサービス又はシステム等に本SDKを組み込むこと、申込者が開発・提供等するための試用以外の目的で開発ソフトを作成すること
    3. 法令若しくは公序良俗に違反し又はそのおそれがある行為、又はこれらのものが含まれる開発ソフトを作成すること
    4. 開発ソフトに他のハードウェア、ソフトウェア又はネットワークの機能を阻害することを目的とするウィルスその他のコンピュータプログラム等を含むこと
    5. 個人情報の取得に明示的に同意していない者から個人情報を取得する行為
    6. 申込者が取得した個人情報について、関係法令及びガイドライン等に反した取扱をする行為
  3. 当社は、申込者が前二項各号に該当し又は該当するおそれがあると当社が判断した場合その他当社が必要と認める場合には、申込者に対し、違反行為の中止を求めることがあり、申込者は、当社が定める期間内に当該求めに応じるものとします。
第10条 (本サービスの利用期間と利用契約の終了)
  1. 本サービスの利用期間は、第4条第1項所定の無償提供期間内とします。
  2. 申込者は、本サービス利用期間終了後も、当社及びその他の第三者に対するサービス利用契約上の一切の義務及び債務(損害賠償を含みますが、これに限りません。)を免れるものではございません。
  3. 当社は、本サービス利用期間終了後も、当該申込者が当社に提供した情報(申込者コンテンツを含みますが、これに限りません。)を保有・利用することができるものとします。
第11条 (サービス利用停止等)
  1. 当社は、申込者が次の各号の一に該当することが判明した場合、当社の裁量により、当該申込者の本サービスの利用を一時的に又は完全に停止し、サービス利用契約を解除し、又はその他必要な処分をすることができるものとします。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反し、又は違反した場合、及びその旨の通報を受けた場合
    2. 当社に提供された情報の全部又は一部につき誤り又は虚偽の事実があった場合 (3) 未成年者が法定代理人の許諾なく、本サービスを利用した場合
    3. 被後見人・被保佐人・被補助人が、後見人・保佐人・補助人等の許諾なく、本サービスを利用した場合
    4. 申込者が死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
    5. 当社からの問合せその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
    6. 第9条第1項及び第2項各号に該当する場合
    7. 本サービスの運営・保守管理上必要であると当社が判断した場合
    8. その他前各号に類する事由があると当社が判断した場合
  2. 申込者は、サービス利用契約を解除後も、解除前に生じた当社及びその他の第三者に対するサービス利用契約上の一切の義務及び債務(損害賠償を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により申込者に生じた損害について一切の責任を負わず、サービス利用契約解除後も、当該申込者が当社に提供した情報を保有・利用することができるものとします。
第12条 (本サービスの変更、中断、中止、追加及び廃止等)
  1. 当社は、申込者に事前の通知をすることなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更、追加、廃止することができるものとします。
  2. 当社は、当社の判断により本サービスの全部又は一部の提供・運営を中止することができ、その場合、当社が適当と判断する方法で申込者にその旨通知します。ただし、緊急の場合は申込者への通知を行わない場合があります。
  3. 当社は、以下各号の事由が生じた場合には、申込者に事前に通知することなく、本サービスの一部又は全部を一時的に中断することができます。
    1. 本サービス用のハードウェア、ソフトウェア又はネットワーク機器に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合
    2. 本サービス用のハードウェア、ネットワーク、CPU等の許容量を超えるデータ量(トラフィック量)が生じた場合
    3. 電気通信事業者の役務が提供されない場合
    4. 天災等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
    5. 火災、停電、その他の不慮の事故により本サービスの提供が困難な場合
    6. 戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本サービスの提供が困難な場合
    7. その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合
  4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置により申込者に生じた不利益や損害について一切の責任を負いません。
第13条 (秘密保持)
  1. 本規約において「秘密情報」とは、本サービスに関連して、申込者が、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。ただし、以下の各号に該当するものは、秘密情報に該当しないものとします。
    1. 当社から提供若しくは開示がなされ又は知得する前に既に保有していたもの
    2. 当社からの提供若しくは開示又は知得の前後を問わず、自己の責めに帰せざる事由により公知となったもの
    3. 秘密保持義務を負うことなく第三者から適法に取得したもの
    4. 秘密情報によることなく単独で開発したもの
  2. 申込者は、秘密情報を本サービスの利用目的以外の目的で使用してはならず、当社の事前の書面による承諾なしに、第三者に対し秘密情報を提供、開示又は漏洩してはならないものとします。
  3. 前項の定めにかかわらず、申込者は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。ただし、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければなりません。
  4. 申込者は、秘密情報を複製、複写、翻案等する場合には、事前に当社の書面による承諾を得るものとし、複製物等の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
  5. 申込者は、当社から求められた場合はいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報及び秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。
第14条 (損害賠償)
  1. 申込者は、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
  2. 申込者による本サービスの利用に関連して、当社が、第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合、当該申込者は、当該請求に基づき当社が当該第三者に支払いを余儀なくされた金額及び当該請求に係る紛争等の解決のために当社が負担した金額(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。
  3. 当社は、本サービスに関連して申込者が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社が申込者に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任の範囲は、当社の責に帰すべき事由により現実に発生した直接かつ通常の損害に限られるものとします。
第15条 (連絡・通知)
  1. 本サービスに関する問い合わせその他申込者から当社に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社から申込者に対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。
  2. 当社は、申込者が申込したメールアドレスに、本サービスに関する広告・宣伝等のメールを配信することがあります。
第16条 (本規約上の地位の譲渡等)
  1. 申込者は、当社の書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位又は本規約に基づく権利義務の全部又は一部を、第三者に譲渡(合併、会社分割等による包括承継も含む。)し又は担保の目的に供することはできません。
  2. 当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに申込者の申込情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡できるものとし、申込者は、かかる譲渡につき本項においてあらかじ同意したものとみなします。本項にいう事業譲渡には、当社が消滅会社又は分割会社となる合併又は会社分割等による包括承継を含むものとします。
第17条 (規約改訂)
当社は、本規約及び本サービスに関する個別利用規約の内容を変更又は追加できるものとします。当社は、本規約又は個別利用規約を変更した場合には、次条に定める方法により、申込者に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、申込者が本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に利用終了の手続をとらなかった場合には、申込者は、本規約及び本サービスに関する個別利用規約の変更に同意したものとみなします。
第18条 (分離可能性)
本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及び申込者は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。
第19条 (存続規定)
第6条乃至第第8条、第10条、第13条、第14条、第16条、第18条乃至第21条及び規定の性質上当然に存続すべき規定はサービス利用契約の終了後も有効に存続するものとします。
第20条 (準拠法及び合意管轄)
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第21条 (協議解決)
当社及び申込者は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

2019年2月1日 制定

お問い合わせはこちら