About us

会社概要- Company Profile -

社名
レイ・フロンティア株式会社/Rei-Frontier Inc.  
本社
〒110-0016 東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
設立
2008年5月
事業内容
・AIを使った行動情報の分析・調査事業
・自社SDKを使った行動情報のサポート事業
・アプリケーションの受託開発(UI/UX設計、システム開発、運用)
・お客さまのサービスと SilentLog Analytics を用いた、新しいソリューションの企画・提案を含めたコンサルティング・サービスの提供
主要株主
経営陣
株式会社環境エネルギー投資
インクルージョン・ジャパン株式会社
株式会社アドウェイズ
みずほキャピタル株式会社
いわぎん事業創造キャピタル株式会社
株式会社イード
須田 仁之
提携先
株式会社アドウェイズ
株式会社イード
東京大学(廣瀬・谷川研究室)

沿革- History -

2008年5月27日
レイ・フロンティア設立
2009年12月1日
位置情報型ARアプリ「LiveScopar」リリース
2010年4月14日
Samurai Incubateを割当先とした第三者割当増資を実施
2010年8月30日
位置情報型ARアプリ「ララコレ」リリース
2010年12月27日
株式会社ネットプライスドットコムを割当先とした第三者割当増資を実施
2011年6月8日
位置情報型ARアプリ「ララコレ2」リリース
2011年11月21日
日本創生ビレッジビジネスコンテスト EGG賞 受賞
2012年~2013年
位置情報・AR技術に関するイベント登壇およびクライアントワークの増加
2014年10月10日
位置情報型ライフログアプリ「SilentLog」をリリース
2015年5月8日
ICJ1号ファンド投資事業有限責任組合、株式会社アドウェイズを割手先とした第三者割当増資を実施
2016年7月25日
みずほ成長支援投資事業有限責任組合を割当先とした第三者割当増資を実施
2016年8月22日
株式会社イードと資本業務提携提携を締結
2016年12月14日
EEIスマートエナジー投資事業有限責任組合および岩手新事業創造ファンド1号投資事業有限責任組合を割当先とした第三者割当増資を実施
2017年3月7日
日本データマネジメント・コンソーシアム 先端技術活用賞 受賞

企業理念・行動指針- Corporate Philosophy and Code of Conduct -

企業理念
現実と仮想をつなぐ世界一のサービスを創る
行動指針
・コミュニケーションの始まりと終わりの礼(尊敬、感謝)を大切にする
・社会へ心地良さを提供する、高品質な製品を創る
・技術力を継続的に発揮できる環境を増やす
・「人・モノ・場所」×「テクノロジー」=「感動体験」を社会に提供する
・世界中の子供たちに人生の選択肢を広げる、明るい未来を提案する
・多様な価値観が認め合える人材を育成できる仕組みを構築する
・人生のそれぞれのステージ応じて、働き方を柔軟に選択できる企業とする
・都市・地方問わず、全国で雇用を創出する

主な活動実績- The main activities and results -

主な活動実績や掲載実績につきましては、facebookページにて公開中です。

Webメディア紹介実績- Web media introduction track record -

2016年8月9日
IBM Case Studies / US
http://ecc.ibm.com/case-study/us-en/ECCF-IMC15009USEN
2016年7月5日
データサイエンスの今を実感する―Datapalooza Tokyoレポート
http://gihyo.jp/news/report/2016/06/3002
2016年5月25日
IBM Watson Summit 登壇/位置×範囲×時間で人を知る
http://ibmevent.jp/watsonsummit2016/session_time.php#2016-05-25
2016年3月19日
【ATT16】e燃費アプリVer.4.0を5月にリリース、実燃費とドライブログが生む新たな可能性とは | レスポンス
http://response.jp/article/2016/03/18/271806.html
2016年3月11日
「分析に集中したい」―SilentLogが選んだBluemixのSpark as a Service
http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/7822
2016年1月23日
「サイレントログ」で生活記録に位置情報を追加する|利用者向け情報|準天頂衛星システム(QZSS)- 内閣府
http://qzss.go.jp/usage/userreport/silentlog_160123.html

アクセスマップ- access map -

主要メンバー紹介- Officers -

代表取締役 CTO, Founder
大柿 徹

1997年、川田工業(現:川田テクノロジーズ:東証一部)に入社。エンジニアとして、アプリケーションの開発およびマネジメントに従事。開発したアプリケーションは業界1位のシェアを獲得。

2008年にレイ・フロンティア株式会社を立ち上げ、代表取締役に就任。ARアプリケーションの開発を足がかりに行動情報の取得・分析事業を始める。情報処理学会会員。人工知能学会会員。香川県出身。

代表取締役 CEO
田村 建士

2002年、川田テクノシステム(現:川田テクノロジーズ:東証一部)に入社。
大柿の直下でエンジニアとして経験を積んだ後、2007年にWebおよびゲーム開発会社(京都)しに入社。東京開発室長として20名のマネジメントに従事する。

2010年にレイ・フロンティア株式会社に2人目のメンバーとして入社。

2011年、代表取締役に就任。企業・自治体向けや大規模イベントでのAR技術に関する多数の講演実績。複数社の大手企業へ自社ARアプリケーションの導入に成功。岩手県出身。

取締役 CCO
澤田 典宏

1988年よりビデオゲームの企画/管理職として、最大で50名を越える事業部を率いて、60タイトル超の製品を開発。ゲーミフィケーションへの知見も深く、日経主催の講演など多数。その知見を活かした教育系アプリが2014年のApp Storeベストアプリに選出される、SilentLogが常にApp Store上に選出表示されるなど、ゲーム以外のアプリデザインでも実績を残す。

グロービス経営大学院MBA。米国PMI認定PMP。 愛知県出身。

執行役員 CAO
原田 博植

株式会社グラフ代表。
シンクタンクに8年、外資ITベンチャー企業に1年半の勤務経験を経て、2012年3月にリクルートへ入社。創業事業である人材領域「リクナビNEXT」「リクルートエージェント」のデータベース改良やレコメンド施策などを手がけた後、成長領域の販促事業、EC事業、コンテンツマーケティングの改善施策を歴任。2013年8月に日本のデータサイエンス技術書の草分け「データサイエンティスト養成読本」を執筆。2014年5月に業界団体として、事業主側のインハウス分析役職者が集い研鑽する「丸の内アナリティクス」を立ち上げ主宰。2015年10月、データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー受賞。